嶋りょうたの3つの提言!

➀くらしが第一!ずっと住みたいまち『幸』!子育てや介護、誰もが暮らしやすいまち『幸』!

・中学生までのすべての子どもの医療費ゼロに!小児医療助成費の充実!
・希望する誰もが保育園に入れるように!保育園の増設を!
 そして、保育の質の向上と保育士の処遇改善を!
・高齢者介護施設の増設など、介護負担の軽減を!
・貧困の連鎖を断ち切る!すべての学びたい子どもが学べる環境へ。
・危険な場所へのガードレールや、防犯カメラの設置で大人も子どもも安心して暮らせるまちに!

②どんな時でも安心できる、やさしいまち『幸』!誰ひとり取り残さない『幸』!

・医療提供体制の充実!感染症などの緊急時に備えた医療体制の強化!
・ICTを活用して、子どもから高齢者まで切れ目のない医療体制へ!
・命を守る!感染症対策とともに、水害や地震などとの複合災害対策を徹底強化!
・非常時の適切な情報提供を確実に!高齢者や必要な人に必要な情報が必ず届く体制を!

③物価高とうやコロナに打ち勝ち、にぎわいあふれる新しい『幸』へ!

・幸のまちをもっと便利に移動!古市場~鹿島田~日吉地区~幸区役所~小向地区など、幸区内を巡回するコミュニティバスの創設!
・地域の分断の解消とさらなるにぎわいの創出を!鹿島田駅『開かずの踏切』早期解消、廃止へ!JR南武線連続立体交差事業の推進!
・商店街ににぎわいを!空き家の活用と商店街への支援で再活性化!
・子どもからお年寄りまで、公園でサッカーや野球、グランドゴルフ等、みながいきいきとスポーツができる環境を!多摩川河川敷の整備!
・御幸公園・夢見ケ崎動物公園・南河原公園など市民の憩いの場の整備!

もっともっと取り組みます!

脱炭素社会へ、プラスチック等の資源循環の取組強化/駅のホームドア設置/危険な場所へのガードレール設置/保育機能の核となる「保育・子育て総合支援センター」の設置/ ヤングケアラーの実態調査と適切な支援/高齢者や妊婦の方など誰もが安心できる避難所体制  など。

PAGE TOP